5/29~30、スーパー耐久第3戦 鈴鹿500kmを取材してきた。

土曜日に行なわれた予選ではST-1クラスの#1 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPEの谷口信輝と柳田真孝が他を圧倒し、第2戦に続いてポールポジションを獲得。

IMG_2183

ST-2クラスは#20 RSオガワ☆ポッカ☆ADVAN ランサーの大橋正澄と阪口良平が、合計タイムで#3 エンドレス・アドバン・コルトスピードXを上回りクラストップを獲得。

ST-3クラスは#39 TITEC TRACY NSXの川口正敬と植田正幸が獲る。

ST-4クラスは#95 特許リジットカラーS2000の服部尚貴と松井猛敏がクラストップとなる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です