2008年に岡山国際サーキットで国内初開催となったFIAのツーリングカーレース"WTCC"。 この第2レースで見事優勝したトム・コロネルが、これまでのSEAT LEON TFSI(ガソリンエンジン)から、2008・2009年のチャンピオンマシンであるTDI(ターボディーゼル)にスイッチして参戦する。

今年に入りSEATはワークス撤退という寂しいニュースもあった。 しかし日本でも90年代後半にF3、フォーミュラ・ニッポン、全日本GT選手権で活躍し国内のファンも多い彼が、この戦闘力の高いマシンで走ることにより、今年の岡山も盛り上がることは間違いないだろう。

またレースアナウンサーのピエール北川氏のブログによると、今年もCS放送GAORAにてピエール氏の実況で放映が楽しめるそうだ。

写真は2008年優勝した第2レース後のピットにて。 このニュースの第一報は昨夜、写真右端のチームスタッフN氏がTwitterでつぶやかれた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です